• HOME

お礼とかお祝いを兼ねて、知人からプ

お礼とかお祝いを兼ねて、知人からプレゼントされたロレックスの腕時計があります。

不相応かも?と思える程に良い物で、フォーマルな場面などで使っていましたが、自分で選んだ時計を使うようになると、ロレックスもあまり使わなくなりほどなく、完全に使用しなくなりました。

きれいなまま箱に入れておいていたのですが、高い物だというのは分かっていますし、さすがに勿体ないので、そういったブランド品には詳しいであろう、ブランド品買取店に持ち込んで、査定してもらうことにしたのでした。傷があるか、故障してないかなど時計の状態そのものに加え、市場での需要、人気のチェックだったり複数の要因が組み合わさってその結果、査定額が決まるそうです。

それ程簡単なものでもない、と初めて知りました。

ずっと保管し続けていた箱、保証書を添え、それから、とりあえずの希望価格をスタッフに申し入れて、買取店に査定を依頼してみたのです。様々な職を経たグッチオ・グッチが、満を持して創業したのが1921年であり最初はフィレンツェの一レザー工房でしたが、ほどなく店舗を持ち、製品が人気を呼んで成功をおさめていきます。

1951年にアメリカ進出、それから1964年に日本に上陸しました。

ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などお約束の皮革製品はもとより、様々なウェア、香水、アクセサリー類や時計などと関わる分野は多く、商品の種類は間口の広さでもあるでしょう。こういった点もグッチというブランドの特徴です。

ドラマチックな変遷を経ていくグッチ、その中で、幾人ものデザイナーの手が仕事をこなしてきました。有名なところではトム・フォードなど。ちなみに現在のクリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレです。

ブランド品買取店なら、どこの店でもグッチは買い取り希望リストの上位に入っているはずで、高額買取が望めるでしょう。よく売れる有名ブランド物や人気商品のみ仕入れようとしている買取業者では、少し古めの商品や、今では作っていない型落ち製品などは買い取り拒否される傾向があるようです。こういうタイプの店で買い取りをしてもらえなかった商品を、それでもまだ買い取ってもらいたいなら、ギャランティカードなどの付属品が、何もないような状態のものでも問題なく買い取りしてくれるような業者の利用をおすすめします。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、すべてまとめて、買い取りを依頼するのではなく、その中に高額買取を望めそうな物があるならそれはまた別のお店で、取り扱ってもらうようにした方が良いでしょう。

新しくブランド品を買った時に商品と一緒についてくる箱、保護する袋、その他諸々ありますが、捨ててしまっていませんか?将来、買取店を利用してその売却を試みるのならオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、各々お店ごとに違っていたりどこのブランドか、どういった商品かによるものの、大きく買取価格に影響します。箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。なのでぜひ、捨てようなどと考えずきれいなまま大切に保管します。どうしても必要性を感じられないなら、ネットオークションで売りに出すというのも、選択肢の一つです。

単なる箱や袋ではなくブランド品のもの、ということもあってそれなりに買い手がつくことが考えられます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。中古ブランド物の買い取り相場ですが、数が膨大且つ多種多様ですから、何かの品物についてピンポイントでその値段を知るというのは難しいようです。

しかし、他のものはともかく世界的に有名なブランドのバッグなら、ネット検索によって買い取りの価格相場はかなり正確な数字を知ることができるようです。

特に定番商品ともなると盤石のファン層が人気を支えていますので、そのため価格の相場はあまり動くこともなく、おおまかながら調べれば、買取価格がわかるのです。

それとは違い、中古価格がいくらになるかつかみにくいものが、この先の人気がどうなるか不透明な最新の商品、マイナーなブランド品、または、流行の波が激しく、人気が安定しないアクセサリーの類となっております。

これらの相場をネット検索で知るのは不可能に近いと思ってください。

一つ一つ査定を受けてみないと、正確な値段は出ません。バッグや靴など、要らなくなったブランド品をいくつか買取業者に売ろうと思っているけれど、そういうお店がどうやら近くにはない、お店に売りたい品物を持って行く時間もないといった人も大勢いるはずです。

そんな人のために、宅配買い取りサービスがありますので、これを施行しているお店を探してみましょう。

検索すればすぐ見つかります。

お店の用意してくれる宅配キットで、売りたい商品を送付し、それをお店の方で受け取って中のものを査定してくれます。

査定が済むと結果のお知らせがあり、査定額に不満がなければ、商品の料金が振り込まれることになります。全ての過程を在宅で行うことが可能です。ネットの広告などでよく見かけるようになったブランド品買取サービスなのですが、利用するにあたってはそのためのコツというものがあります。例えば、一括査定サイトという、オンラインサービスを使うことによってなるべくブランド品を高い値段で売却できるようにすることです。

一括査定サイトからは、簡単に何社かの買取業者に査定を申し込めます。

業者からそれぞれ査定額を提示されるので、こうして一番査定額の大きい業者を簡単に見つけることができるわけです。

それから、査定に出す前に品物はきれいにしておきます。

でも、あまりに一生懸命磨き上げようとすると汚れが落ちても、小さな傷がつくことがあるため、そっとホコリ取りをし、乾いた柔らかいウエスで拭いてあげると良いでしょう。今時は若い人、それこそ未成年の学生さんであっても、ブランド品を使用している割合は多いようです。

しかし、所有のブランド品を、ブランド買取店で買い取ってもらうことは未成年の人はできないことになっています。

買い取りを制限される年齢は、店により異なります。

例えば、20歳未満は無条件で一切取引をしない、としているお店もありますし、保護者が認めていることを証明する同意書を提出できるのなら未成年の場合でも(ただし18歳以上)取引できるというお店もあり、少なくとも気軽な利用はできないことになっています。

20歳未満の人がブランド買取店を利用しようとしているなら、HPなどでお店のこと、利用できる年齢についてなどをちゃんと確認しておくことが大事です。

買ったばかりのブランド品を手にするのは嬉しいものです。そんな新品ブランドの購入時、特にこの商品をこの先売却するためにブランド品の買取業者を利用することを、あらかじめ計画している人もいます。もし売却するつもりなら、以下の事に注意しておきましょう。

ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごと捨てずに取っておくことが重要です。というのも、買取業者による査定時に、これらの有無により、結果もかなり変わるだろうからです。

つまり、査定に相当大きな影響があるわけですね。

箱や袋はともかく、ギャランティーカードについては必須です。

品物と一緒に提出できなければ業者によるものの、そもそも扱ってくれない、ということもあるため、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。世界初の旅行鞄専門店としても知られるヴィトン、160年ほどの歴史を持ち、今では世界中にファンを持つ巨大なファッションブランドです。余談ですが、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。さてルイ・ヴィトンと聞いて思い浮かぶものと言えば、LとVの文字の組み合わせで作られたマーク、モノグラムでしょう。

様々な製品に多用されるこの、ブランドの顏ともなっている模様は形状と相まって、落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

このブランド愛好する人の世代は広く、定番商品などの人気は続いていますが、よく出る新作や、限定品の類が人気となることもあり、手持ちのヴィトンを買取店で売って換金し、話題の新作を買うことにしている人もいるようです。

関連記事

メニュー